Webしずおか サービス
サイトマップ
ホーム キャンペーン サービス 各種手続 会員サポート お問合せ
ホーム > サービス・料金 > Webフィルター for キッズ > サービス概要
Webフィルター for キッズ - サービス概要

ブロックカテゴリによる閲覧制限・許可
ブロック画面のカスタマイズ
規制データベースのカスタマイズ
インターネットの利用時間制限
ログの表示
自動アップデート

  ブロックカテゴリによる閲覧制限・許可  

  簡単設定画面例
  お子様の学年に合わせて、ボタンひとつで設定ができます。さらに、ご家庭の事情に合わせて、「個別設定」ができます。
  ブロック設定例
  個別設定では、閲覧を規制したいカテゴリを選択します。
閲覧規制できるカテゴリは全部で32種類あります。その中で含まれる内容の幅が広い6つのカテゴリは、5段階でレベルの調節ができます。たとえば、「ヌード」というカテゴリひとつをとっても成人指定サイトから身体的な生理現象の解説までさまざまです。子どもたちの年齢など、ご家庭の事情に合わせて設定できます。
→カテゴリの詳細

  ブロック画面のカスタマイズ  

  ブロック画面のカスタマイズ例
  閲覧禁止に設定したサイトを見ようとすると、ブロック画面が表示されます。標準のままでもお使いいただけますが、ブロック画面に表示されるメッセージやデザインはご家庭で変えることができます。インターネットを使う時のマナー教育やコミュニケーションにお役立ていただけます。

  規制データベースのカスタマイズ  

  規制データベースのカスタマイズ例
  標準のブラックリスト(閲覧を禁止するURLのリスト)の他に、お客様側で「見せたくないリスト」の追加、除外リスト(見てもいいURL)の追加ができます。ご家庭のポリシーを反映させたフィルタリングが可能です。

  インターネットの利用時間制限  

  インターネットの利用時間のカスタマイズ例
  ページの表示を禁止する時間帯を設定します。 ある時間帯だけインターネット利用を許可したり、禁止したりできます。インターネットに没頭しすぎて困っている、などの場合にご活用ください。

  ログの表示  

  ログの表示例
  表示したユーザ名(※)、ブロックしたカテゴリとそのURLを確認できます。 子どもがどんなサイトを見ているのか気になる場合などにご活用ください。また、このリストからブラックリスト、ホワイトリストなどに直接URLを追加することもできます。
WindowsXP/2000では、上記の機能をユーザごと個別に限定して設定することができます。(マルチユーザ対応)

  自動アップデート  

  「Webフィルター for キッズ」で使用しているWebフィルタリングソフト『iフィルター Active Edition』が最新バージョンかどうか自動的に確認し、最新でない場合は、自動的にアップデートを実施します。

  1、i-フィルター起動後、インターネットへの初回アクセス時に、更新モジュールのチェックが行なわれます(タスクバーの電球アイコンが点滅します)。  
  1、更新モジュールのチェック
   
  インストール準備完了表示
   
  2、更新モジュールが存在した場合、自動でダウンロードが行なわれます。ダウンロード終了時に、インストールの準備ができた旨のメッセージが表示されます。
[次へ(N)>] を選択します。
 
  2、インストール準備完了表示
   
  3、インストールの確認メッセージが表示されます。
[はい(Y)>]を選択します。
 
  3、インストール開始確認
   
  4、コンピュータ再起動の確認メッセージが表示されます。(初期設定は「今すぐコンピュータを再起動する(R)」がチェックされています。)
[完了]を選択します。コンピュータの再起動後から、新バージョンとなります。
 
  4、再起動確認メッセージ

  お申込み  

「Webフィルター for キッズ」お申込み
このページの先頭へ↑
一つ前のページに戻る←
    会社概要会員規約個人情報保護サイトのご利用について広告について安全にお楽しみいただくために
Copyright (C) TOKAI Communications Corporation, All rights reserved.