Webしずおか 会員サポート
サイトマップ
ホーム サービス 各種手続 会員サポート お問合せ
ホーム > 会員サポート > Q&A > インターネット接続 > 設定・接続(Webしずおかを利用してのインターネット接続)
Q&A - 設定・接続(Webしずおかを利用してのインターネット接続)

Q1 Webしずおかのダイヤルアップ接続について、簡単におしえてください。  
  Webしずおかのアクセスポイントは、56Kモデム(対応規格V.90)、ISDN回線(同期64kのみ)に対応しています。

なお、56Kモデムでの接続については、「56Kモデムに対応していますか」「56Kモデムを購入しましたが、56Kの速度で接続ができません」を参照してください。

ISDNでの接続については、「近日中にISDN回線を導入する予定です」「接続で不具合が報告されているモデムやTAがありましたら、おしえてください」を参照してください。

Q2 新たなダイヤルアップ接続の設定方法をおしえてください。  
  新たなインターネット接続の設定方法は、「ダイヤルアップ接続の設定」を参照してください。

Q3 56Kモデムに対応していますか。  
  Webしずおかのアクセスポイントは、V.90で運用を開始しております。なお、x2規格およびK56Flex規格の場合は、33600bpsでの接続が可能です。
  【注意】
  56Kモデムの機種、及びそのファームウェアのレベルによって、接続できない、または、頻繁に切断される場合があります。詳細は、「Q&A - 56Kモデムで接続できません」を参照してください。
  56Kモデムに関する情報は各モデムメーカーにお問合せください。

Q4 56Kモデムを購入しましたが、56Kの速度で接続ができません。  
  56Kモデムについては、ほとんどの場合で56Kでの接続はできないようです。

実際には、ISDN回線を使用しても、最高で50k前後ぐらいで接続されるのが一般的なようであり、アナログ回線の場合ですと、ほとんど42kぐらいで接続されるようです。

56Kというのは、あくまでモデムの接続可能な最高速度を示すもので、回線の品質等、様々な要因により、実際の接続速度は、モデムの最高速度以下になることがあります。

対応策に関しましては、「Q&A - 56Kモデムで接続できません」を参照してください。

Q5 128k接続に対応していますか。  
  Webしずおかでは対応しておりません。

Q6 「マルチリンク」は使えますか。  
  Webしずおかでは使えません。なお、「マルチリンク」とは、複数のダイヤルアップ接続を束ねて高速に通信できる機能です。

Q7 毎月の接続時間を知らせてくれるサービスはありますか。  
  Webしずおかは料金固定制ですので、個別に、接続時間を通知するサービスは行っておりません。

Q8 1つのIDで、複数のPCより、同時に接続ができますか  
  1つのWebしずおかIDについては、以下の接続方法のいずれか1つの方法で、1セッションのログインが可能です。
  アナログ、ISDN、パケット通信、AIR-EDGE、フレッツ・ISDN、フレッツ・ADSL、Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム、アクセスコミュファ、アクセスコミュファプラス、パフォーマ40、パフォーマ3、TOKAI ADSLコース
  ※コースにより利用できないサービスがあります。詳しくは「コース案内」をご参照ください。
  同時間帯にて、同じまたは別の接続方法で、複数セションのログインをすることはできません。

複数セションのログインをしようとした場合は、同時ログインのセション分のWebしずおか接続料金を請求させていただく場合がありますので、ご注意いただきますようお願い申し上げます。

Q9 NTT西日本の『フレッツシリーズ』に対応していますか。  
  『フレッツ 光ネクスト』『フレッツ 光ライト』『フレッツ・光プレミアム』『Bフレッツ』『フレッツ・ADSL』『フレッツ・ISDN』に対応しています。
詳しくは、「インターネット接続」を参照してください。

Q10 アクセスポイントを変更したいのですが、どうすればいいですか。  
  「アクセスポイント電話番号変更方法」を参照してください。
アクセスポイントの電話番号は、「アクセスポイント電話番号一覧」を参照してください。

また、接続するアクセスポイントを変更する場合、Webしずおかに対して特別な申請、設定、IDの変更などは必要ありません。ダイヤルアップの接続先の電話番号を変更するだけでご利用いただけます。
一覧に戻る←

Q11 ISDN回線を導入する予定ですが、TAを購入するときの注意点がありましたら教えてください。  
  Webしずおかでは、同期64kのみ対応しておりますので、同期64k対応のTAをご購入ください。

Q12 ISDNに変更するにはどうすればいいですか。  
  アナログからISDNに変更する手順は下記の通りです。
  1、NTT西日本に、ISDN回線の申込みをします。  
   
  2、TAのマニュアルを参照し、TAの設定をします。  
  【注意】
  Webしずおかでは、同期64kのみ対応しております。
(TAの設定の仕方で不明な点がある場合は、TAの製造元にお問合せください。)
   
  3、PCの設定をします。  
  詳細は、「ダイヤルアップ接続の設定」を参照してください。
  【注意】
  接続に使用するモデム(TA)は、手順2で設定したTAが選択されていることを確認してください。また、接続先の電話番号は、ISDN用のものを設定してください。
  ISDN接続がうまくできなかったときには、「Q&A - ISDNで接続できません」を参照してください。

Q13 ISDNに変更した場合、Webしずおかに対して手続が必要ですか。また、会費は変わりますか。  
  Webしずおかに対して特別な申請、設定、IDの変更などは必要ありません。また、会費も変わりません。

但し、連絡先電話番号が変更になる場合は、「登録内容の変更」よりご連絡ください。(注意:会員のみ参照可能です。)

Q14 Webしずおかへの接続で不具合が報告されているモデムやTAがありましたら、教えてください。  
  外国向け仕様のモデムをご使用時に、不具合が発生することがあるようです。
Webしずおかに接続する場合は、日本国内で使用するように製造されたモデム・TAをご使用になることをお勧めいたします。

Q15 接続パスワードを変更するにはどうすればいいですか。  
  接続パスワードの変更方法は、「接続用パスワードの変更」を参照してください。

Q16 パスワードを忘れてしまったのですが、どうすればいいですか。  
  Webしずおかでは、セキュリティのため、会員の接続用またはメールパスワードを、電話またはメールでご通知することは一切しておりません。パスワードを忘れたときは、下記の手順に従ってください。
  パスワードを変更している場合 → 手順1に進みます
  パスワードを変更していない場合
パスワードは会員様側で変更しない限り、初期のままとなります。 → 手順2に進みます。

  1、Webしずおかで、お客様のパスワードを、ご入会時にお渡ししました「Webしずおか会員登録通知書」に記載されている、初期パスワードに戻します。  
  パスワードの初期化をご希望される場合は、「パスワード初期化設定希望」とご明示のうえ、書面(電子メール、または、FAX、郵送)にて、下記の情報をお知らせください。

なお、パスワードの初期化は、通常、翌営業日に行います。
  Webしずおか会員番号 (wbsxxxxx)
  Webしずおかに登録されているお名前
  ご住所
  電話番号
  生年月日
  初期化するパスワードは、下記のいずれか(複数選択可)
  接続用
  メール (標準サービス)用
  メール(「メールウイルスチェック」)用
  メール(「追加メールアカウント」)用
  メール(「エフメール」)用
   
  2、初期パスワードについては、以下を参照してください。  
  接続パスワード、および、標準サービス用メールパスワードの場合:
ご入会時にお渡ししました「Webしずおか会員登録通知書」を参照してください。

「Webしずおか会員登録通知書」を紛失されている場合は、「Webしずおか発行の書類について」を参照してください。
  オプションサービス(「追加メールアカウント」(有料)、「エフメール」(無料)、「メールウイルスチェック」)用メールパスワードの場合:オプションサービス登録完了時にメールにて送信しました登録完了通知を参照してください。

登録完了通知を紛失されている場合は、「オプションサービスの登録完了通知書を紛失してしまいました」を参照してください。
   
  3、初期パスワードにて、接続してください。その後、またパスワードをご希望のものに変更していただくことができます。  
  パスワードは重要なものですので、お忘れになることがないよう管理をお願いいたします。

Q17 静岡県以外でもインターネットに接続したいのですが、よい方法はありますか。  
  「マルチコース」、「Bフレッツコース」、「パフォーマ40」、「パフォーマ3」、「TOKAI ADSLコース」にご契約のお客様は、以下サービスを利用してインターネットに接続することができます。
  国内の場合
    アナログ、ISDNのアクセスポイントへダイヤルアップ接続することで、全国どこからでもWebしずおかに接続することができます。
  なお、上記サービスを使用した場合は、一部会員限定のサービスが使用できない場合がありますので、ご注意ください。

◎ そのままの設定で、使用可能 アクセスポイント
Webしずおかメールサーバを使用してのメール送受信
http://www.wbs.ne.jp/member/ではじまるURL
(Webしずおか会員のみ閲覧可能となっているページ)の閲覧
WebしずおかサーバへのFTP(ホームページのアップロード)

Q18 モバイルを使用して接続したいのですが、よい方法はありますか。  
  Webしずおかでは、充実したモバイル用サービスを提供しております。詳しくは、「モバイルするならWebしずおか!」をご覧ください。

※ ご利用のコースにより、モバイル用サービスをご利用できない場合があります。

Q19 ADSLを使用して接続したいのですが、よい方法はありますか。  
  Webしずおかでは、以下の2種類のADSL接続サービスを提供しております。詳しくは、以下ページをご覧ください。
  『フレッツ・ADSL』を使いたい!
  『パフォーマ40』を使いたい!

Q20 定額料金でインターネットに接続したいのですが、よい方法はありますか。  
  以下のサービスをご利用いただいた場合は、通信料金・インターネット接続料金とも、完全定額料金となります。詳しくは、以下ページをご覧ください。

ISDN回線での接続 『フレッツ・ISDN』を使いたい!
ADSLでの接続 『フレッツ・ADSL』を使いたい!
『パフォーマ40』を使いたい!
光ファイバーでの高速インターネット通信 『フレッツ 光ネクスト』を使いたい!
『フレッツ・光プレミアム』を使いたい!
『Bフレッツ』を使いたい!

Q21 ファイル交換ソフトは、利用できなくなるのですか?  
  ご利用いただけます。
ただし、回線の混雑具合により、通信速度が低下する場合があります。

Q22 何故、ファイル交換ソフトに対して制限を行うのですか?  
  Webしずおかでは、お客様の利用状況により設備の増強に努めておりますが、ファイル交換ソフトによって多くの帯域が恒常的に占有され、このままでは、ファイル交換ソフトを利用されていない他のお客様のサービス利用に支障を来たす状況となったため、このたびファイル交換ソフトに対して帯域を制限することにいたしました。

Q23 どのような制限を行うのですか?  
  ファイル交換ソフトを利用した通信に対して、上り/下り共に制限いたします。
制限の対象となるファイル交換ソフトの一例:
− Winny
− WinMX
− KaZaa
− Edonkey
− GnuTella
− Share
− Bit Torrent
− Perfect Dark

【注意】対象となるファイル交換ソフトは、帯域の状況を踏まえ更新されます。

なお、制限値については、非公開とさせていただきます。

Q24 制限の対象となる接続サービスのコースは、何ですか?  
  以下の通信回線で制限いたします。
− フレッツ光 ネクスト
− フレッツ光 ライト
− フレッツ光・プレミアム
− Bフレッツ
− フレッツ・ADSL
− TOKAI ADSL(パフォーマ40、パフォーマ3を含む)
− アクセスコミュファ、アクセスコミュファプラス

Q25 ファイル交換ソフトは利用していませんが、何か影響はありますか?  
  ホームページ閲覧、メールの送受信、FTPのアップロード、オンラインゲーム、ストリーミング配信など、ファイル交換ソフトを利用していない場合は、影響はありません。

Q26 通信設備の増強をすることで、解決しないのですか?  
  従来より適切な設備増強を行ってまいりましたが、現状では設備増強を行っても、ファイル交換ソフトによる帯域の利用量が増加するのみで、その他のお客様に対する改善に繋がらないため、このたびファイル交換ソフトの制限に踏み切りました。

Q27 ファイル交換ソフトを利用していますが、速度が落ちたのは今回の帯域制限が原因ですか?  
  Webしずおかの帯域制限のみが原因とは限りません。
ファイル交換ソフトにおいては、一度に複数の箇所と通信をするものや、直接ファイル交換をせずに他のパソコンを中継してファイル交換するものなどがあるため、それらの通信先の状況により、速度が低下することもあります。
また、ファイル交換ソフトに限らず、時間帯によって帯域が不足している(Webしずおかネットワークに限りません)ような状況においても、実効上の通信速度が低下することがあります。そのため、帯域制限のみが原因とは断定できません。
このページの先頭へ↑
一つ前のページに戻る←
  会社概要会員規約個人情報保護サイトのご利用について広告について安全にお楽しみいただくために
Copyright (C) TOKAI Communications Corporation, All rights reserved.