Webしずおか 会員サポート
サイトマップ
ホーム キャンペーン サービス 各種手続 会員サポート お問合せ
ホーム > 会員サポート > 設定マニュアル > インターネット接続 > ダイヤルアップ接続の設定 > 『Windows Vista』の設定 [1/2]
『Windows Vista』の設定 [1/2]
  次ページ→
  『Windows Vista』でダイヤルアップ接続を行う際の方法を説明します。
準備
設定
接続・切断

  準備  

  まずは、モデム(ISDNの場合はターミナルアダプタ)の設定および確認を行います。
  【備考】 ダイヤルアップ接続をする場合は、ダイヤルアップモデム(ISDNの場合はターミナルアダプタ)が必要です。
パソコンにモデムが内臓されていない場合は、外付けモデムをお買い求めいただく必要があります。
  Windowsの[スタート]ボタン→[コントロールパネル]→[ハードウェアとサウンド](クラシック表示の場合は表示されません)→[電話とモデムのオプション]→[モデム]タブの順にクリックします。
  [所在地情報]という画面が表示された場合
以下のように設定した後、[OK]ボタンをクリックします。
 
設定項目 内容
国名/地域名 日本
市外局番/エリアコード "0000"(半角数字ゼロ4つ)を入力します。
電話会社の識別番号 空欄にします。
外線発信番号 通常は空欄にします。もし、会社などの場合で、外線をかけるとき、最初に”0”(ゼロ)をダイヤルする場合は、0を入力します。
ダイヤル方法 トーンまたはパルスは、お客様のNTT電話回線のご契約に準じて、以下のように設定します。(電話機がプッシュであるかどうかでは、ありません。)

NTT西日本から提供されている電話回線 種別
ISDN トーン
アナログ(NTT西日本とプッシュ回線の契約あり) トーン
アナログ(NTT西日本とプッシュ回線の契約なし) パルス
  お使いのモデムまたはターミナルアダプタが表示されている場合
「次のモデムがインストールされています」の下にモデム名が表示されている場合、モデムまたはターミナルアダプタの設定は完了していますので、「設定」に進んでください。
    【備考】 ISDNをご利用の場合
ISDNをご利用の場合は、ターミナルアダプタに添付されているマニュアルを参照の上、ターミナルアダプタのセットアップを行います。 なお、Webしずおかは同期64kのみに対応しておりますので、設定の際はご注意ください。(例:NEC AtermIT55の場合は、AtermIT SYNC115のドライバが必要です。) ターミナルアダプタのセットアップ後、「設定」に進んでください。
  使用するモデムを追加(変更)したい場合
[追加]ボタンでモデムの追加を行います。モデムの追加後、「設定」に進んでください。

  設定  

  次に、設定を行います。
  1、Windowsの[スタート]ボタン→[コントロールパネル]をクリックします。  
   
  2、[コントロールパネル]という画面が表示されます。
[ネットワークの状態とタスクの表示]または[ネットワークと共有センター](クラシック表示の場合)をクリックします。
 
   
  3、[ネットワークと共有センター]という画面が表示されます。
(画面左側)[接続またはネットワークのセットアップ]をクリックします。
 
   
  4、以下のような画面が表示されます。
[ダイヤルアップ接続をセットアップします]を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
 
 
『接続またはネットワークのセットアップ』画面
 
   
  5、以下のような画面が表示されます。[ダイヤル情報]をクリックします。  
 
『ダイヤルアップ接続のセットアップ』画面
 
   
  6、[電話とモデムのオプション]という画面が表示されます。[編集]ボタンをクリックします。  
   
  7、[所在地の編集]という画面が表示されます。以下のように設定し、[OK]ボタンをクリックします。  
 
設定項目 内容
国名/地域名 日本
市外局番/エリアコード "0000"(半角数字ゼロ4つ)を入力します。
電話会社の識別番号 空欄にします。
外線発信番号 通常は空欄にします。もし、会社などの場合で、外線をかけるとき、最初に”0”(ゼロ)をダイヤルする場合は、0を入力します。
ダイヤル方法 トーンまたはパルスは、お客様のNTT電話回線のご契約に準じて、以下のように設定します。(電話機がプッシュであるかどうかでは、ありません。)

NTT西日本から提供されている電話回線 種別
ISDN トーン
アナログ(NTT西日本とプッシュ回線の契約あり) トーン
アナログ(NTT西日本とプッシュ回線の契約なし) パルス
 
   
  8、以下のような画面が表示されます。
下記を参考に、[ダイヤルアップの電話番号]、[ユーザ名]、[パスワード]、[接続名]欄に入力します。入力後、[接続]ボタンをクリックします。
 
 
『ダイヤルアップ接続のセットアップ』画面
 
 
設定項目 内容
ダイヤルアップの
電話番号
ご利用のWebしずおかアクセスポイント電話番号を入力します。ご利用のアクセスポイント電話番号については、「アクセスポイント電話番号一覧」を参照してください。

【注意】
上記画像は、Webしずおかのアナログのアクセスポイント(0088-33-2200)に接続する場合の例です。
ユーザー名 『Webしずおか会員登録通知書』に記載されている「接続ID」に”@wbs.ne.jp”を追加したものを入力します。(例:wbsxxxxx@wbs.ne.jp)
パスワード ・パスワードを変更していない場合:『Webしずおか会員登録通知書』に記載されている「接続パスワード」
・パスワードを変更している場合:変更後の「接続パスワード」を入力します。
接続名 Webしずおかなど、任意の接続名を入力します。
 
   
  9、[Webしずおかに接続中...]という画面が表示されます。
今は接続を行わないので、[スキップ]ボタンをクリックします。
 
   
  10、[インターネット接続テストに失敗しました]という画面が表示されます。
[接続をセットアップします]をクリックします。
 
   
  11、[インターネットへの接続を使用する準備ができました]という画面が表示されます。
[閉じる]ボタンをクリックします。
 
   
  12、Windowsの[スタート]ボタン→[ネットワーク]をクリックします。  
   
  13、[ネットワーク]という画面が表示されます。(画面上部)[ネットワークと共有センター]をクリックします。  
   
  14、[ネットワークと共有センター]という画面が表示されます。(画面左側)[ネットワーク接続の管理]をクリックします。  
   
  15、[ネットワーク接続]という画面が表示されます。
手順8で[接続名]として入力した名前のアイコン(ここでは接続名を「Webしずおか」とします)のアイコンを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
 
   
  16、[Webしずおかのプロパティ]という画面が表示されます。[オプション]タブをクリックし、[PPP設定]ボタンをクリックします。  
   
  17、[PPP設定]という画面が表示されます。以下のように設定し、[OK]ボタンをクリックします。  
 
『PPP設定』画面
 
 
項目 設定
LCP拡張を使う チェックを外します。
ソフトウェアによる圧縮を行う チェックを外します。
単一リンク接続に対してマルチリンクをネゴシエートする チェックを外します。
 
   
  18、[ネットワーク]タブをクリックします。
[インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IP)]を選択し、[プロパティ]ボタンをクリックします。
 
 
『プロパティ』画面
 
   
  19、[インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IP)のプロパティ]という画面が表示されます。
以下のように設定し、[OK]ボタンをクリックします。
 
 
『インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IP)のプロパティ』画面
 
 
項目 設定
IPアドレスを自動的に取得する チェックを入れます。
DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する チェックを入れます。
 
   
  20、以上で設定は完了です。  

  次ページに進む→  
  1/2 次ページ→

このページの先頭へ↑
一つ前のページに戻る←
  会社概要会員規約個人情報保護サイトのご利用について広告について安全にお楽しみいただくために
Copyright (C) TOKAI Communications Corporation, All rights reserved.