Webしずおか サービス
サイトマップ
ホーム キャンペーン サービス 各種手続 会員サポート お問合せ
ホーム > サービス・料金 > メールウイルスチェック機能(標準提供)
メールウイルスチェック機能(標準提供)

Webしずおかのメールは、メールウイルスチェック機能が標準装備
「メールウイルスチェック機能」とは
標準装備のメールウイルスチェック機能の特長
「メールウイルスチェック Powered by Symantec」(有料オプション)との違い
設定
  Webしずおかのメールは、メールウイルスチェック機能が標準装備  

  Webしずおか安全宣言! 
  追加料金無料 ・ 新たなお申込み不要!

Webしずおかのメール(※)は、ウイルスチェック機能が標準装備とされています。現在ご利用いただいているメールアドレス(xxxxx@mail.wbs.ne.jp)に対して、自動的にウイルスチェックが行われます。
※オリジナルドメイン E-mailライトを除く
  【注意】
  シマンテック社エンジン使用の「メールウイルスチェック Powered by Symantec」(有料オプション)とは異なります。有料ウイルスチェックとの違いは、「メールウイルスチェック Powered by Symantec(有料オプション)との違い」を参照してください。

  「メールウイルスチェック機能」とは  

  お客様が送受信されるメールに対して、Fortinet社の「FortiGate」により、ウイルスチェックを行います。

その結果:
お客様宛に、ウイルスに感染されたメールが送信された場合
お客様が受信をする前に、ウイルスを検知します。
ウイルスが検知されたメールは全て破棄され、お客様に通知メールのみが送信されます。
万一お客様ご自身が、ウイルスに感染しているメールを送信してしまった場合
ウイルスが検知されたメールは破棄されます。そのため、ウイルス付きのメールは送信されません。
また、お客様には感染の警告メールを送信します。
  【重要】
  ウイルスチェックを行うには、FromアドレスをWebしずおかで発行しているメールアドレスにしてください。設定方法は、「メールウイルスチェック機能」(標準提供)の設定を参考にしてください。
  標準提供のメールウイルスチェック機能は、すべてのウイルスの検知および駆除を保証するものではありません。
  この機能はメール送受信時の感染ウイルスを対象とするものです。お客様のコンピュータのメモリやハードディスク内の感染しているファイルはチェック対象となりません。また、感染した環境からウイルスを駆除するものでもありません。
  メールウイルスチェック機能について 

  標準装備のメールウイルスチェック機能の特長  

お申込み不要のメールウイルスチェック機能
メールウイルスチェック機能は、会員のメールアドレス(xxxxx@mail.wbs.ne.jp)に対して行う、Webしずおかの標準サービスですので、新たなお申込みは不要です。
面倒なウイルス定義ファイルの更新が不要
ウイルスチェックに使用する「ウイルス定義ファイル」は、サーバ側で自動更新されますので、常に最新のウイルスに対応できます。
パソコン環境やメール環境に関係なく、ウイルスチェック
メールサーバ側でメールがウイルスに感染していないかどうかチェックを行いますので、パソコンの環境やメールソフトに関係なく、サービスをご利用いただけます。
受信・送信両方のメールをウイルスチェック
受信・送信両方のメールをウイルスチェックしますので、ウイルス付きメールをお友達や取引先等に送信してしまうことによる被害の拡大も防ぐことが可能です。
  【備考】
  メール以外の感染経路でのウィルスチェックや、既に感染しているプログラムファイルやメモリのウィルスを除去することはできません。詳しくは、「Q&A」を参照してください。

  「メールウイルスチェック Powered by Symantec」(有料オプション)との違い  

  標準提供のメールウイルスチェック機能と有料オプションの「メールウイルスチェック Powered by Symantec」とは、以下の違いがあります。

ご検討の結果、希望される場合は、「メールウイルスチェック Powered by Symantec」(有料オプション)をご参照ください。
 
項目 標準提供のメール
ウイルスチェック機能
メールウイルスチェック
Powered by Symantec(有料オプション)
ウイルススキャンエンジン Fortinet社製「FortiGate」 Symantec社製エンジン
Powered by Symantec
ウイルスチェックを実行するタイミング メールの送信・受信時 メールの送信・受信時
ウイルスチェック対象添付ファイル 全てのファイル 全てのファイル
ウイルスチェック対象圧縮ファイル 全ての圧縮ファイル 全ての圧縮ファイル
ウイルス検知時の対応 検知されたメールは全て破棄されます。

お客様にはウイルス検知システムより、通知/警告メールが送信されます。
ウイルスに感染したメールを検知した場合、該当メールは隔離されます。

お客様が受信者の場合にのみ警告メールが送信されます(詳細は、「Q&A」をご覧ください)。
  【備考】
  日本語名の添付ファイルからウイルスを検知した場合、ファイル名など一部が文字化けする場合があります。
  ウイルスを検知したメールは、送信メール、受信メールを問わず、宛先に届くことなくサーバで消去されます。消去されたメールを復元することはできません。
  ウイルスチェックを行うことにより、メール送受信に若干遅延が生じる場合があります。
  [下記の場合、ウィルスチェック対象外となります。]
  1通あたりのメール容量が10MBを越すメール
  分割および圧縮(一部の形式)などの処理がされたメールの添付ファイル
  パスワードをかけて圧縮されたメールの添付ファイル
  S/MIMEなど暗号化されたメールの添付ファイル
  ホームページ閲覧時のウィルス
  メール本文中のホームページリンク先を開いてのウィルス感染
  HTMLメールを開いてのウィルス感染
  インターネット経由でダウンロードしたファイル
  その他、パソコン本体のファイル等で、メール送受信をともなわないもの
  Webしずおか管理外のメールサーバを利用したメール送受信
このページの先頭へ↑
一つ前のページに戻る←
    会社概要会員規約個人情報保護サイトのご利用について広告について安全にお楽しみいただくために
Copyright (C) TOKAI Communications Corporation, All rights reserved.