Webしずおか サービス
サイトマップ
ホーム キャンペーン サービス 各種手続 会員サポート お問合せ
ホーム > サービス・料金 > オリジナルドメイン > ドメインの種類
ドメインの種類

  よくテレビCMや雑誌などで xxxxxxco.jp や xxxx.com というドメイン名を見かけます。 co.jpや.comは何が違うのでしょうか。

ドメインには大きく分けて、日本国内で昔から使われている[.jp]ドメインと、[.com]ドメインがあります。Webしずおかではお客様のご利用形態とご希望に合せて、jpドメイン、comドメイン共に取得・運用が可能です。

  jpドメイン  

  JPドメインは「株式会社日本レジストリサービス」(JPRS)が管理しています。JPドメインの最大のメリットは「日本」であることを明確に表すことが可能な点です。

JPドメインは大きく分けて、2つの種類があります。
属性型・地域型JPドメイン名
  登録対象が明確であり、1つの企業・団体で1つのドメイン名を登録できるドメイン名
汎用JPドメイン名
  登録数に制限がないドメイン名
  属性型・地域型JPドメイン名は、1つの企業・団体で1つのみ取得できます。
取得可能なドメインは、取得する組織の種類により異なります。
例えば、「XXXXX.co.jp」は株式会社、有限会社など法人登記をしていることが必要です。つまり「XXXXX.co.jp」となっていたら、会社組織だということがわかります。

汎用JPドメイン名は、登録にあたっての制限の撤廃や緩和により、登録しやすいものになっています。「XXXXX.JP」と短く覚えやすいドメイン名で、登録数に制限なく利用できます。

JPドメインの種類と対象(JPRS): http://jprs.jp/info/jp-dom/spec.html
使用できる文字の詳細(JPRS): http://jprs.jp/info/jp-dom/character.html

  com,net,orgドメイン  

  これらのドメイン名は米国で管理していますが、今や世界中で利用できるドメイン名となっています。

comは商用サイトの意味を持ちますが、法人登記をしていなくても申請できます。netはネットワークに関する組織が、orgはそれ以外の組織が利用していましたが、それほど厳密に切り分けていないようです。

現在は、個人、法人を問わずにcom、net、orgのどれで終わるドメイン名を利用しても問題ありません。 1つの企業・団体でいくつでも取得可能なので、商品や部署ごとにドメインを持つことも可能です。
 
種類
com 商用
net ネットワーク組織
org 非営利組織
 
取得できる組織
com、net、orgは世界中のユーザに広く開放されていて、それぞれ会社、ネットワーク関連組織、そのほかの組織という目安が示されています。取得条件ありませんので、個人・法人問わず取得可能です。
 
登録できる文字(英数字ドメイン)
文字数 半角1文字以上22文字以内
使える文字 ハイフン、数字(0〜9)、アルファベット(A〜Z大文字小文字の区別なし)
このページの先頭へ↑
一つ前のページに戻る←

トップページ
機能紹介
料金
お申込み

ドメインQ&A  
ドメインとは?  
    会社概要会員規約個人情報保護サイトのご利用について広告について安全にお楽しみいただくために
Copyright (C) TOKAI Communications Corporation, All rights reserved.