Webしずおか サービス
サイトマップ
ホーム キャンペーン サービス 各種手続 会員サポート お問合せ
ホーム > サービス・料金 > Webしずおかの迷惑メール対策 > 送信ドメイン認証への対応(SPFレコードの公開)
送信ドメイン認証への対応(SPFレコードの公開)

送信ドメイン認証とは
送信ドメイン認証の対象となるお客様
送信ドメイン認証により影響のあるお客様

  「送信ドメイン認証」とは  

  迷惑メールの多くは、メールアドレスを詐称して送信されます。
SPF方式の「送信ドメイン認証」は、送信元のメールアドレスとメールサーバのIPアドレスを照合することにより、 送信元のメールアドレスの正当性を確認する仕組みです。
受信側のメールサーバは、Webしずおかのメールアドレスから送信されたメールに対して、そのメールがWebしずおかのメールサーバから送信されたメールで ないと判断した場合、受信を制限できます。

SPF方式による「送信ドメイン認証」は、迷惑メール撲滅を目的に日本の主要プロバイダによって設立されたJapan Email Anti-Abuse Group(JEAG) にて提言された対策の1つです。

SPF方式の「送信ドメイン認証」は、DNSサーバにメールサーバのIPアドレスを宣言し、受信先のメールサーバで送信元のメールサーバの正当性を照会できるようにします。

Webしずおかのメールサーバは、DNSサーバにIPアドレスを公開してありますので、SPF方式でドメイン認証している受信側メールサーバで、 メールアドレスとメールサーバの照合が可能です。

この対処により、Webしずおかのメールアドレスを詐称した迷惑メールの数を軽減させることが期待できます。

  Webしずおかメールサーバを経由しているメールのみ送信先にメールが届きます。

このページの先頭へ↑
  送信ドメイン認証の対象となるお客様  

  以下のメールアドレスをご利用のお客様
  - xxxxxx@****.wbs.ne.jp
  - xxxxxx@fmwbs.jp (エフメールをご利用のお客様)

  送信ドメイン認証により影響のあるお客様  

  「送信ドメイン認証」の導入によって、メールソフト等の設定を変更する必要はございません。
ただし、以下のような影響を受ける場合がございますので、予めご了承ください。
  - 対象となるメールアドレスに届いたメールを他のメールアドレスに転送した場合、転送先のメールサーバでSPF方式を用いた ドメイン認証を実施していると、正常にメール転送できない場合があります。
【注意】

Webしずおかのメールアドレスには正常にメール転送できます。

  - Webしずおかのメールサーバ以外からメールを送信した場合、受信側のメールサーバの仕様によっては送信ドメインが認証されず、受信側にメールが届かない場合があります。
また、メールの送信元(Webしずおかのお客様に)にエラーメールが送信されないため、 実際にメールが送信できなかったことを確認出来ない場合があります。

このページの先頭へ↑
一つ前のページに戻る←
    会社概要会員規約個人情報保護サイトのご利用について広告について安全にお楽しみいただくために
Copyright (C) TOKAI Communications Corporation, All rights reserved.