Webしずおか 会員サポート
サイトマップ
ホーム キャンペーン サービス 各種手続 会員サポート お問合せ
ホーム > 会員サポート > 設定マニュアル > メール > 電子メールソフト設定方法 > 『Windows Live メール 2011』の設定確認・変更
『Windows Live メール 2011』の設定確認・変更

  本ページでは、『Windows Live メール 2011』の設定確認または変更方法を説明します。


  1、『Windows Live メール 2011』を起動します。  
   
  2、[クイック分類]の下に表示されているアカウントの中から、変更したいアカウントを右クリック(マウスの右ボタンをクリック)し、[プロパティ]を選択します。  
 
【備考】 下記例の場合は、「Mail.wbs.ne.jp (wbsXXXXX)」という名称がついているアカウントを変更するので、「Mail.wbs.ne.jp (wbsXXXXX)」と表示されている箇所を右クリックしています。
なお、アカウントの名称は、お客様の設定内容により異なります。
 
  変更したいアカウントを右クリック(マウスの右ボタンをクリック)し、[プロパティ]を選択  
   
  3、[全般]タブが選択されている状態にし、下記の項目を設定します。  
 
【注意】 英文字と数字は、すべて半角文字で入力してください。
 
  [全般]タブが選択されている状態にし、下記の項目を設定  
 
メールアカウント 任意の名前を入力します。
名前 使用者の名前を入力します。 ※1
会社 特に入力しなくても構いません。
電子メール
アドレス
※2、3
標準メールアドレス(メールアカウント:wbsXXXXX)の場合
エイリアスのメールアドレスを*****@mail.wbs.ne.jpのように入力します。
エフメール(無料)もしくは、メールアカウント追加(有料)の場合
電子メールで通知された「エフメール登録完了通知」もしくは、「メールアカウント追加登録完了通知」に記載されている「メールアドレス(エイリアス)」を入力します。
メールウイルスチェック Powered by Symantecの場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック Powered by Symantec」登録完了通知書』に記載されている『「メールウイルスチェック Powered by Symantec」用メールアドレス』を入力します。
返信アドレス 特に入力しなくても構いません。
※1: ここに入力される名前が、送信者の名前として、そのまま表示されます。
※2: メールアドレス変更を登録した場合、変更するのはこの欄のみです。他の設定事項は変更しないでください。
※3: ここに入力されるメールアドレスが、送信者のメールアドレスとして、そのまま表示されます。
 
   
  4、[サーバー]タブをクリックし、下記の情報を入力します。  
  [サーバー]タブをクリックし、下記の情報を入力  
 
受信メールサーバーの種類 「POP3」と入力されていることを確認します。
受信メール
(POP3)
標準メールアドレスまたは、メールアカウント追加の場合
Webしずおかのメールサーバ名(mail.wbs.ne.jp)を入力します。
エフメールの場合
Webしずおかのメールサーバ名(mail.fmwbs.jp)を入力します。
メールウイルスチェック Powered by Symantec の場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック Powered by Symantec」登録完了通知書』に記載されている「受信メールサーバ(POP3)」を入力します。
オリジナルドメインのメールアドレスを使用する場合
ドメイン名(例:mail.xxxxx.co.jpなど)を入力します。
送信メール
(SMTP)
標準メールアドレスまたは、メールアカウントを追加した場合
Webしずおかのメールサーバ名(mail.wbs.ne.jp)を入力します。
エフメールの場合
Webしずおかのメールサーバ名(mail.fmwbs.jp)を入力します。
メールウイルスチェック Powered by Symantec の場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック Powered by Symantec」登録完了通知書』に記載されている「送信メールサーバ(SMTP)」を入力します。
オリジナルドメインのメールアドレスを使用する場合
ドメイン名(例:mail.xxxxx.co.jpなど)を入力します。
ユーザー名 標準メールアドレスの場合
「Webしずおか会員登録通知書」に記載されているメールアカウント(wbsxxxxx)を入力します。
エフメール(無料)もしくは、メールアカウント追加(有料)の場合
電子メールで通知された「エフメール登録完了通知」もしくは、「メールアカウント追加登録完了通知」に記載されている「POP3アカウント」(popxxxxx、vmaxxxxx)を入力します。
メールウイルスチェック Powered by Symantec の場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック Powered by Symantec」登録完了通知書』に記載されている『メールアカウント(POP3アカウント)』を入力します。
パスワード パスワードを変更していない場合
「Webしずおか会員登録通知書」に記載されている「メールパスワード」(初期)を入力します。
パスワードを変更している場合
Webしずおかより通知しました「メールパスワード」(初期)から、メールパスワードを変更してある場合は、変更後のメールパスワードを入力します。
エフメール(無料)もしくは、メールアカウント追加(有料)の場合
電子メールで通知された「エフメール登録完了通知」もしくは、「メールアカウント追加登録完了通知」に記載されている「メールアカウント用パスワード」を入力します。パスワードを変更してある場合は、変更後の「メールアカウント用パスワード」を入力します。
メールウイルスチェック Powered by Symantec の場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック Powered by Symantec」登録完了通知書』に記載されている「メールウイルスチェック Powered by Symantec用パスワード」を入力します。パスワードを変更してある場合は、変更後の「メールウイルスチェック Powered by Symantec用パスワード」を入力します。
クリアテキスト認証を使用してログオンする チェックします。
このサーバーは認証が必要 チェックしません。
 
   
  5、[詳細設定]タブをクリックします。  
 
[サーバーにメッセージのコピーを置く]のチェックを外します。
【備考】 『Windows Live メール 2011』では、初期設定で[サーバーにメッセージのコピーを置く]がチェックされています。
初期設定のまま利用すると、メールボックスが一杯になった時点で新規メールが受信できなくなりますので、チェックを外してください。
「UbiaMail」(Webメール)を使用されるなど、サーバにメールを残したい場合は、下記のとおり設定し、サーバにメールが長期間蓄積されないようにしてください。
1)[サーバーにメッセージのコピーを置く]にチェックを入れます。
2)[サーバーから削除する]にチェックを入れます。
3)削除日数を指定します。(例:5日後など)
[サーバーにメッセージのコピーを置く]のチェックを外し、[OK]ボタンをクリック
サーバーにメッセージのコピーを置く チェックしません。
 
   
  6、[OK]ボタンをクリックします。  
 
以上でメールの設定は完了です。
 
このページの先頭へ↑
一つ前のページに戻る←
    会社概要会員規約個人情報保護サイトのご利用について広告について安全にお楽しみいただくために
Copyright (C) TOKAI Communications Corporation, All rights reserved.