Webしずおか 会員サポート
サイトマップ
ホーム サービス 各種手続 会員サポート お問合せ
ホーム > 会員サポート > 設定マニュアル > メール > 電子メールソフト設定方法 > 『Windows Live メール』の設定
『Windows Live メール』の設定

  『Windows Live メール』を使用して、電子メールを送受信する際の設定方法を説明します。
『Windows Live メール』の設定
送受信方法
  『Windows Live メール』の設定  

  1、『Windows Live メール』を起動します。  
 
【備考】
【お使いのコンピュータに『Windows メール』『Outlook Express』等マイクロソフト社製のメールソフトがインストールされている場合】
自動的にメールアカウント設定を読み込む場合があります。もし自動的にインポートされた場合は、同じアカウントを再度設定する必要はありません。
【お使いのコンピュータにマイクロソフト社製のメールソフトがインストールされていない場合】
手順3の画面が表示されますので、手順3へ進んでください。
 
   
  2、『Windows Live メール』の[ツール]メニューから、[アカウント]を選択すると、[アカウント]という画面が表示されます。  
 
[追加]ボタン → [電子メールアカウント]の順にクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。
【備考】 [ツール]メニューが表示されていない場合は、キーボードの[Alt]キーと[M]キーを同時に押し、[メニューバーの表示]をクリックします。
 
   
  3、[電子メールアカウント情報を以下に入力してください。]という画面が表示されます。  
 
電子メールアカウント情報を以下の通り入力し、[次へ]ボタンをクリックします。
電子メール
アドレス ※
標準メールアドレス(メールアカウント:wbsXXXXX)の場合
エイリアスのメールアドレスを*****@mail.wbs.ne.jpのように入力します。
エフメール(無料)もしくは、メールアカウント追加(有料)の場合
電子メールで通知された「エフメール登録完了通知」もしくは、「メールアカウント追加登録完了通知」に記載されている「メールアドレス(エイリアス)」を入力します。
メールウイルスチェックの場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック」登録完了通知書』に記載されている『「メールウイルスチェック」用メールアドレス』を入力します。
パスワード パスワードを変更していない場合
「Webしずおか会員登録通知書」に記載されている「メールパスワード」(初期)を入力します。
パスワードを変更している場合
Webしずおかより通知しました「メールパスワード」(初期)から、メールパスワードを変更してある場合は、変更後のメールパスワードを入力します。
エフメール(無料)もしくは、メールアカウント追加(有料)の場合
電子メールで通知された「エフメール登録完了通知」もしくは、「メールアカウント追加登録完了通知」に記載されている「メールアカウント用パスワード」を入力します。パスワードを変更してある場合は、変更後の「メールアカウント用パスワード」を入力します。
メールウイルスチェック の場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック」登録完了通知書』に記載されている「メールウイルスチェック用パスワード」を入力します。パスワードを変更してある場合は、変更後の「メールウイルスチェック用パスワード」を入力します。
表示名 使用者の名前を入力します。
電子メールアカウントのサーバ設定を手動で構成する チェックを入れます。
ここに入力したメールアドレスが、送信者のメールアドレスとして、そのまま表示されます。
 
  電子メールアドレスの入力  
   
  4、[電子メールサーバーの情報について]という画面が表示されます。  
 
[受信メールサーバーの種類]で[POP3]が選択されていることを確認した後、[受信サーバー]、[ログインID]および[送信サーバー]に、以下のとおり入力します。入力後、[次へ]ボタンをクリックします。
 
 
受信サーバー 標準メールアドレスまたは、メールアカウント追加の場合
Webしずおかのメールサーバ名(mail.wbs.ne.jp)を入力します。
エフメールの場合
Webしずおかのメールサーバ名(mail.fmwbs.jp)を入力します。
メールウイルスチェック の場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック」登録完了通知書』に記載されている「受信メールサーバ(POP3)」を入力します。
オリジナルドメインのメールアドレスを使用する場合
ドメイン名(例:mail.xxxxx.co.jpなど)を入力します。
ポート デフォルト(110)のままにします。
このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックしません。
ログインに使用する認証 デフォルト(クリアテキスト認証)のままにします。
ログインID 標準メールアドレスの場合
「Webしずおか会員登録通知書」に記載されているメールアカウント(wbsxxxxx)を入力します。
エフメール(無料)もしくは、メールアカウント追加(有料)の場合
電子メールで通知された「エフメール登録完了通知」もしくは、「メールアカウント追加登録完了通知」に記載されている「POP3アカウント」(popxxxxx、vmaxxxxx)を入力します。
メールウイルスチェック の場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック」登録完了通知書』に記載されている『メールアカウント(POP3アカウント)』を入力します。
送信サーバー 標準メールアドレスまたは、メールアカウント追加の場合
Webしずおかのメールサーバ名(mail.wbs.ne.jp)を入力します。
エフメールの場合
Webしずおかのメールサーバ名(mail.fmwbs.jp)を入力します。
メールウイルスチェック の場合
電子メールで通知された『「メールウイルスチェック」登録完了通知書』に記載されている「送信メールサーバ(SMTP)」を入力します。
オリジナルドメインのメールアドレスを使用する場合
ドメイン名(例:mail.xxxxx.co.jpなど)を入力します。
ポート デフォルト(25)のままにします。
このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックしません。
送信サーバーは認証が必要 通常はチェックしません。
 
  電子メール サーバ名の入力  
   
  5、[アカウントの設定に必要な情報の入力が完了しました]という画面が表示されます。  
 
[完了]ボタンをクリックします。
 
   
  6、[アカウント]という画面に戻ります。  
 
上記手順で作成したメールアカウントを選択し、[プロパティ]ボタンをクリックします。上記手順で作成したメールアカウントを選択し、[プロパティ]ボタンをクリック
 
   
  7、[詳細設定]タブをクリックします。  
 
[サーバーにメッセージのコピーを置く]のチェックを外します。
【備考】 『Windows Live メール』では、初期設定で[サーバーにメッセージのコピーを置く]がチェックされています。
初期設定のまま利用すると、メールボックスが一杯になった時点で新規メールが受信できなくなりますので、チェックを外してください。
Webmailを使用されるなど、サーバにメールを残したい場合は、下記のとおり設定し、サーバにメールが長期間蓄積されないようにしてください。
1)[サーバーにメッセージのコピーを置く]にチェックを入れます。
2)[サーバーから削除する]にチェックを入れます。
3)削除日数を指定します。(例:5日後など)
[サーバーにメッセージのコピーを置く]のチェックを外し、[OK]ボタンをクリック
サーバーにメッセージのコピーを置く チェックを外します。
 
   
  8、[OK]ボタンをクリックします。  
 
以上でメールの設定は完了です。
 

  送受信方法  

  『Windows Live メール』を使用して、電子メールを送受信する方法を説明します。
  ・受信方法  
  1、『Windows Live メール』を起動します。  
   
  2、『Windows Live メール』の[同期▼]ボタンの[▼]をクリックします。
選択肢がありますが、どれを選択しても受信できます。
 


  ・送信方法  
  1、『Windows Live メール』を起動します。  
   
  2、[新規作成]ボタンをクリックすると、[メッセージの作成]という画面が表示されます。  
   
  3、「宛先」、「件名」、「本文」を入力した後、[送信]ボタンをクリックします。  
   
  4、[同期]ボタンをクリックし、[送信済みアイテム]にメールが入れば、送信完了です。  

このページの先頭へ↑
一つ前のページに戻る←
    会社概要会員規約個人情報保護サイトのご利用について広告について安全にお楽しみいただくために
Copyright (C) TOKAI Communications Corporation, All rights reserved.