Webしずおか 会員サポート
サイトマップ
ホーム キャンペーン サービス 各種手続 会員サポート お問合せ
ホーム > 会員サポート > 設定マニュアル > メール > サブミッションポート(Port587)の設定 > Microsoft Outlook 2003 または Microsoft Outlook 2002
サブミッションポート(Port587)の設定:Microsoft Outlook 2003 または Microsoft Outlook 2002

  本ページでは、『Microsoft Outlook 2003』または『Microsoft Outlook 2002』のサブミッションポートの設定方法を説明します。
  【備考】 サブミッションポートを利用すると、「25番ポートブロック(OP25B)」を実施している他社回線に接続している状態でも、WebしずおかSMTPサーバを利用してメールを送信することができます。


  1、『Microsoft Outlook 2003』または『Microsoft Outlook 2002』を起動します。  
   
  2、[ツール]メニューより[電子メールアカウント]を選択すると、[電子メールアカウント]という画面が表示されます。
[既存の電子メール アカウントの表示と変更]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
 
 
電子メールアカウント画面
 
   
  3、ご利用になるWebしずおかのアカウントを選択し、[変更]ボタンをクリックします。  
 
電子メールアカウント変更画面
 
   
  4、[インターネット電子メールの設定(POP3)]という画面が表示されます。
右下の[詳細設定]ボタンをクリックします。
 
 
インターネット電子メールの設定画面
 
   
  5、[送信サーバー]タブを開き、[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックを入れます。
次に、[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]にチェックが入っていることを確認します。
 
 
送信サーバー設定画面
 
   
  6、[詳細設定]タブを開き、[送信サーバー(SMTP)]を25(デフォルト)から587に変更し、[OK]ボタンをクリックします。  
 
詳細設定画面
 
   
  7、[インターネット電子メールの設定(POP3)]という画面に戻ります。
[次へ]ボタンをクリックします。
 
   
  8、[電子メールアカウント]という画面に戻ります。
[完了]ボタンをクリックします。
 
 
以上でメールの設定は完了です。
 

このページの先頭へ↑
一つ前のページに戻る←
 
    会社概要会員規約個人情報保護サイトのご利用について広告について安全にお楽しみいただくために
Copyright (C) TOKAI Communications Corporation, All rights reserved.