色調保持型タイル剥落防止工法

エバーガード
エフネットタイル

潟_イフレックス

NTアンカーピンを使用
エバーガード3層目施
行中

ダブルロックアンカーダイレクト
ピンを使用する為の無振動ドリルによる穴あけ

躯体とタイル接着モルタル浮部に対しエポキシ樹脂注入

外装タイル張り仕上げは、優れた耐久性、高級感を有する外壁仕上げとして商業ビル、
集合住宅等で数多く採用されています。しかしながら、外装タイル張り仕上げ層の剥落
事故は建物の維持管理上大きな問題となっており、現在では様々なタイル張り外壁剥
落防止工法が上市されています。
現在主力の外装タイル張り外壁剥落防止工法はガラス繊維、又は有機繊維等の補強
布とポリマーセメントモルタルで覆い隠してしまう為、タイルと同じ質感を復旧するには、
施工後再度タイルを張る必要があります。


エバーガードF工法は、既存建物のタイル仕上げの美観維持を追求した、外壁タイル
剥落防止工法で、特殊専用アンカーにてタイル・モルタル層を躯体に固定し、特殊繊
維によって塗膜強度を高めた透明度の高いアクリル樹脂にてタイル面を被覆すること
で、既存タイルの意匠性を保持しながら、剥落を防止する工法です。

エバーガードSG工法は、特殊専用アンカーにてタイル・張付けモルタル層を躯体に
固定し、塗膜強度が高く耐久性に優れた、透明度の高い特殊1成分ウレタン樹脂に
てタイル面を被服する事で、意匠性を保持し剥落を防止する工法です。

UR都市機構の外壁複合補修工法の要求性能試験にすべて合格

ネットガードU

モルタル塗り仕上げ外壁剥落防止工法 硬質フィラー+3軸PPメッシュ

モルタル仕上の外壁剥落防止工法の軽量化とコストダウンが可能です。薄膜で軽量
な被膜を形成しますので、壁面の荷重を可能な限り増さないで剥落防止措置が可能
です。剥落防止機能としてはUR都市機構の外壁複合補修工法の要求性能試験にす
べて合格しており高い信頼性を有しています。

かまぼこ型タイルに施工しました。

外壁タイル剥落防止 ポリマーセメント+3軸PPメッシュ

タイル張り仕上げ外壁の意匠変更と剥落防止を同時に実現できる工法です。
下地の形状になじみやすい3軸ポリプロピレンメッシュと中性化を抑制するアクリル
樹脂系ポリマーセメントで構成されていて、剥落防止機能としてはUR都市機構の
外壁複合補修工法の要求試験にすべて合格しており高い信頼性を有しています。

当社にて施工した施工後の画像です。遠目に見るとどこを施工したかわかりません。
(枠線内が施行箇所)

詳細については、(社)機能性外壁工業会ホームページをご覧ください

エフネットRE

施主様の希望で平面で区切りをつけました。
割と深目地だった為、目地内に樹脂が多く入
り込み近くから見ると施工の有無がわかりま
す。

タイル張り斜壁剥落防止・防水工法 ネット+エバーコートZero−1H

タイル張り仕上げの斜壁は剥落の危険性と共に漏水事故も多く、防水を目的とした
ニーズが増えています。一方、斜壁は外壁面よりも日射の影響を受けやすく、材料の
選定には注意が必要となります。
ねっとガード工法は1成分形ウレタン塗膜防水材とポリエステルメッシュで構成され、
タイル張り仕上げの斜壁に必要な防水機能、剥落防止機能を有した工法です。
使用するウレタン塗膜防水材「エバーコートZero−1H」はJIS A 6021高伸長形
認証品で高い防水機能を有しており、剥落防止機能としてはUR都市機構の外壁複合
補修工法の要求性能試験にすべて合格しており高い信頼性を有しています。

当社では、エバーガード施工ライセンス所得者によ
り施行を行いメーカー連名による保証・保険につい
て対応可能しています。
煉瓦タイル等施工できないタイルもあります。
また、注意点として透明性の高い材料ですが、既存
のタイルの色とか、硬化後の樹脂の厚み等により仕
上がりイメージが異なることも出てきます。
できるだけ試験施工後、本施行に入ることをお勧め
します。