ポリマーセメント系塗膜防水

手塗りウレタン同様、密着工法と通気緩衝工法があります。

御質問・お問い合わせは当社へお願い致します。

下地補修が少なくてすみます。
通気緩衝シートの裏は空気が流れる構造になっており、脱気筒を設置することで、下地と防水層の間の湿気を逃がします。
シート防水と違いウレタン防水で仕上げるのでジョイントが隠れ、水の進入の心配がなくなります。

通気緩衝工法

密着工法

下地補修が少なくてすみます。
下地が湿潤している場合でも施行が可能。
改修工事の場合、旧防水層の撤去が不要です。
風の影響を受けやすいため、金具固定のピッチ等計算が必要。

注入工法

自動式低圧注入工法

機械的固定工法

外壁タイル剥落防止工法

密着工法

機械的固定工法

密着工法

下地補修が少なくてすみます。
下地が湿潤している場合でも施行が可能。
改修工事の場合、旧防水層の撤去が不要です。
風の影響を受けやすいため、金具固定のピッチ等計算が必要。
バーナーや接着剤を使用しない!!
優れた粘着層で、離型紙を剥がし下地に張り付け、転圧ローラーを用いて転圧するだけ。
下地と一体化またシート相互のジョイント部分も一体化し、水の進入を防ぎます。
施行は安全、無公害であり、大幅な工期短縮が可能です。

・ステンレスピンニング工法

 モルタル塗り仕上げ及びタイル貼り仕上げ外壁に発生した浮きにエポキシ樹脂を注入しアンカーピンで固定します。

・注入口付きアンカーピンニング工法
 モルタル塗り仕上げ及びタイル貼り仕上げ外壁に発生した浮きに注入口付きアンカーピンを打ち込み、エポキシ樹脂を注入します。

改質アスファルト系シート防水
常温工法
外壁補修

アクリル、ウレタン系防水材を吹付け、ローラー刷毛等で塗装後、各種機能を備えた仕上材にて着色施工する。

ノンブリードウレタン、変成シリコン他各種

壁面塗膜防水

軟質ポリエステルなどの液状樹脂をガラスマットに含浸しながら下地に
塗り付け、硬化させて防水層にする工法です。
防水層に継目がなく、美観に優れています。又、強度的にも優れていま
す。

ウレタンゴムの液状樹脂を専用システムにより機械管理圧送し、下地
に吹付け防水層にする工法です。
複雑な部分や複雑な形状でも防水層に継目がなく、美観に優れていま
す。また、機械管理されているため気温や施工直後の天候に左右され
ず、一定の品質で施工ができます。

又、JIS6021防水用ウレタン樹脂や、硬度のある歩行用ウレタン、特
に水槽・プールなどで使われる硬度がFRPクラスの高物性ウレタン(ポ
リウレア樹脂)などがあります。

超速硬化ウレタン塗膜防水

ウレタンゴムの液状樹脂を下地面に塗り、硬化させて防水層にす
る工法です。
複雑な部分への施工が容易で、防水層に継目がなく、美観に優れ
ていますが、気温や施工直後の天候によって品質にばらつきが出
る可能性があります。

特殊専用アンカーにてタイル・張付けモルタル層を躯体に固定し、塗膜強度を高めた透明度の高い特殊1液ウレタン樹脂にてタイル面を被覆することで、既存タイルの意匠性を保持しながら、剥落を防止する工法です。

エバーガードSG-3工法

塩化ビニル樹脂で作られた防水シートを接着剤で下地に
貼り付ける工法です。
シートのデザイン性や接着剤で張るだけといった施工性に優れ
ていますが、複雑な形状や狭い場所では、シート同士のジョイン
トがたくさん発生します。

Uカットシールは主に幅1.0㎜以上のひび割れ及び挙動のひび割れを補修する工法です。

シール工法は幅0.2㎜未満のひび割れにはば10㎜、厚さ2㎜程度に漏水防水処理を行う。

防水効果の大きい工法ですが長期的には美観性に注意する必要があります。

合成ゴムで作られた防水シートを接着剤で下地に張り付
ける工法です。接着剤で張るだけなので施工性に優れて
いますが、複雑な形状や狭い場所では、シート同士のジョ
イントがたくさん発生します。

改質アスファルトは、アスファルトの持つ長所を活かし
つつ、アスファルトに合成ゴムなどを混ぜて、低温での
柔軟性を高めた材料です。
この材料で作られたシートをトーチバーナーであぶって、
溶かしながら下地に張り付けていく工法です。
アスファルトを釜などで溶かす作業がないので、煙、臭
いなどの発生がほとんどありません。

主に幅1.0㎜以上のひび割れに、比較的粘度の高い樹脂を手動で注入する工法です。

下地を傷つけないノンカット工法ですので粉塵や騒音の発生がありません。

ひび割れ幅及び注入状況に応じて注入材の追加・粘度切り替えが容易にでき、

効率的で確実なひび割れ補修が可能です。

現場でアスファルトを熱して溶かし、その溶けたアス
ファルトを下地に流しながら、ルーフィングと呼ばれる
シートを張り重ねる工法です。
古くから使われ信頼性の高い防水層を作りますが、
温度によって硬さが極端に変化したり、アスファルトを
溶かすときに、煙と臭いが発生します。

代表的防水工法

自動式低圧エポキシ樹脂注入工法

手動式樹脂注入工法

コンクリート構造物に発生した欠損を、エポキシ樹脂系及びポリマーセメント系のモルタルで補修します。
鉄筋が露出しているところに対しては、ワイヤーブラシ等で錆を除去し、サビ止め材を塗布します。

コンクリート構造物に発生した微細なひび割れに対しても低圧・低速出注入ができます。

下地を傷つけないノンカット工法ですので粉塵や騒音の発生がありません。

ひび割れ幅及び注入状況に応じて注入材の追加・粘度切り替えが容易にでき、

効率的で確実なひび割れ補修が可能です。

防水材料、工法には色々な種類がありますが、建築物の屋上防水には、コンクリート表面に防水の膜をつくる材料、工法が一般的です。このような防水層は信頼性が高く、多くの建築物で幅広く使用されています。
防水材料、工法にはそれぞれに特徴がある為、建築物の種類や構造、大きさ、場所、現場の状況などを考えて、どの様なやり方を採用するかが決められます。

以下、各種工法に係る準備工。

目視・点検棒・点検ハンマー・クラックスケール 各種工具を使用し、図面に書き落とします。

点検作業

部材の接合部、目地部の充填等の防水

シーリング防水工法

FRP塗膜防水

ウレタン塗膜複合防水

塗膜系防水工法

塩化ビニル系シート防水

Uカットシール工法・シール工法

合成ゴム系シート防水

シート系防水工法

モルタル充填工法

改質アスファルト系シート防水
トーチ工法

熱アスファルト

アスファルト系防水工法

防水工事概要

防水、防食被覆、防水・防食被覆とラインアップ。
アクリル樹脂エマルションと特殊セメント系混和剤を混合した、環境対応型塗膜防水材。
屋内外活躍できます。