Welcome to Clubers

Fish on!on!on!

このページは僕の釣り日記。
大切な僕の釣り仲間と釣り場で会った釣り人など、
紹介したいですね!
ちなみにタイトルは僕の尊敬する故開口健氏の『フィシュオン』を、
頂きました。


トップページへ戻る

前の記事はここ! 
1998 
Jan ┃Feb ┃MarApr MayJun Jul Aug SepOctNovDec
1999 
Jan Feb Mar Apr MayJunJul Aug Sep Oct NovDec

2000 
Jan Feb MarApr MayJun Jul Aug Sep Oct NovDec

2001 
JanFeb Mar AprMayJun Jul Aug SepOct NovDec
2002 
JanFebMarAprMayJun Jul AugSepOctNov┃Dec
2003 
JanFeb Mar Apr May┃Jun ┃Jul ┃Aug Sep┃ Oct ┃NovDec
2004 
Jan ┃Feb MarApr May┃JunJul Aug Sep┃ Oct ┃Nov┃Dec
2005 
Jan ┃Feb ┃Mar ┃AprMay┃Jun ┃Jul AugSep┃ Oct ┃NovDec
2006 
Jan ┃FebMarApr┃ May┃Jun ┃Jul Aug ┃Sep┃ Oct ┃Nov┃Dec
2007 
Jan ┃FebMar ┃Apr┃ May┃Jun ┃Jul ┃AugSep┃ Oct ┃Nov┃Dec
2008 
Jan ┃Feb ┃Mar ┃Apr┃ May┃Jun ┃Jul ┃Aug ┃Sep┃ Oct ┃Nov┃Dec


5/3〜5/2008
ゴールデンウィークの渓流
DJ明けではありましたがGWということで
やっぱり山にテント担いで行くっきゃないでしょ!と
星合さんと3日の夕方から出かけて行きました。
その日は現地に到着するもアタリも暗くなるので
明日の朝からの作戦を立てようと店で一杯やって車中泊。
で、まだ暗い深夜に起きて目的の入山口まで向い
ヘッドランプを灯けて登り始めてワリと早めに空も白んできて
 すぐにTシャツは汗でびっしょり....



しかし、登山道がかなり荒れていて
気を抜くと危険な場所がいっぱいでしたね。
久しぶりに背負ったザックの背中の感覚
普段あまり使っていない筋肉がミシミシといってたね(笑)
明るくなってから空の色が本日晴天を予感していた。
今日も気持ちよい一日になりそうだぜ!
 

 
ケモノの気配も多くて、目の前にニホンカモシカが現れたり
ご覧の通りそこら中にシカであろう骨がいっぱい転がっている....



入山口から3時間弱ぐらいで沢のところまで到着で
ザックをおろしてとりあえず釣り支度。
ココの沢は以前2回ほど来たことがあるが
1度は爆釣、もう一度はボウズとイマイチつかめない沢と言うことで
今回チャレンジと言うこととなりました.
谷が深くて水量も多いので沢の中をザブザブ進むか
崖っぷちを高巻くしかない険しい道のり......
しかも、全然釣れましぇ〜ん(笑)
 

 
水温もかなり冷たくて何度かチェイスはあったものの
イマイチ魚の動きが鈍かったぁ。あああああ.....
そんなときは、時間も早いけどベースまで戻って一杯やりますか!
来たときに川で冷やしたキンキンのビールで乾杯。
もうねぇ、この日は真夏並みに気温も高くてキモチイイ!
 

 
腹が減ったんで素麺作ってツルッとやりました。
この清流で冷やした素麺はサイコーですわっ!
で、お腹が満たされたあとは昼寝zzzzz.....
この日差しでこの寝方は後々かなりヤバいっすよねぇ。
案の定、星合さんは露出部分は真っ赤っか(笑)
  

 
昼寝から起きてちょこっと時間があったので
とは言っても、ウイスキーとか飲んじゃって
かなりマッタリしてしまったために
夕マヅメの釣りに出る意欲もなくてさ.....
テント先で軽く竿を出したらそこそこのきれいなアマゴが釣れちゃったぁ(笑)
こんなもんですね。ははは......



見ての通り3mはあるかな.......
そんなワケで暗くなる前に晩飯で
釣果も釣果なんで晩飯は飯を炊いてのボンカレーです.......はい。
適当にツマミなんかも作って酒盛り
う〜ん、山は気持ちがいい!
誰にも会わない何もないとことがまた気持ちがいい!
そんなワケですっかり酔っぱらっちまって
テントで寝袋にくるまってzzzzz.....
翌日、明るくなる頃に起床したら
どうも雲行きがよくなかったんで早々に山を降りると
山を下りた頃にちょうど雨......いい判断でした。
温泉はいって解散
今回もいい合宿でした。
お疲れちゃん!
  


トップページへ戻る