沼津茶

沼津茶

明治32年、江原素六翁の尽力により、愛鷹山御料地の払い下げを受けて以来、金岡、愛鷹、浮島地区の愛鷹山麓から続く丘陵地帯で、「やぶきた」品種を中心としたお茶の栽培が盛んに行われてきました。従来、他産地銘柄とのブレンドを中心に市場に出回っていましたが、近年になって、昭和58年と平成8年の2度にわたる「皇室献上茶」の栄誉を賜り、また各品評会においても好成績を収めるなど、着実に、独立した「ぬまづ茶」としてのブランドの評価を高めています。

沼津茶の歴史

沼津を含めた駿東郡地域の茶業の起源は古く、1193年(建久4年)源頼朝が、富士の巻狩りに際して須山街道より登山するに当たり、須山村の道案内者が自生茶樹の葉をとり、これを火に焙って茶を製し頼朝に献じたところ、大いに喜ばれて白鞘の短刀を賜ったという伝承が記載されています。
1859年(安政6年)沼津町の坂隋平、辻彦兵衛らは江州の土山及び政所方面より茶種子を取り寄せ、愛鷹山麓に10余町歩の土地を開墾しては種したが、当時の藩政では水田と穀米以外の作物が禁じられていたので志を果たせなかったといいます。
1861年(文久元年)沼津町の坂三郎は茶栽培のための試作をした後自作し、茶を製造して近隣の有志にも勧め、茶の増殖を図り駿東郡に徐々に茶園ができ、貿易も行われ声価を博するようになりました。
その後、愛鷹山麓に茶の栽培が徐々に広がり、江原素六氏の活躍により愛鷹山官有地の払い下げ実現により、茶園面積の拡大が進み、現在(平成18年)の沼津市の茶園面積は、611ha、茶の産出額は14.3億円になっています。

[参考資料:静岡県茶産地史(大石貞夫著)]

江原素六氏

沼津のお茶とその歴史を語る上で、この地域の茶業の礎を造った最大の功労者江原素六氏の名は外せません。
明治元年に沼津に移り住んだ素六氏は沼津兵学校をつくり、優秀な人材を育てました。また、愛鷹山麓で牛や羊を飼い、西洋式の牧畜を始めるとともに、茶を栽培しそれをアメリカに輸出する事業を興しました。
後に牧畜は廃業しましたが、茶業は続けられ坂三郎氏などの理解協力を得て、製茶技術の伝承に力を注ぎました。
素六氏の農業関係での最大の功績は、愛鷹山官有地の払い下げ運動の成功と言えます。もともと愛鷹山は地元農民が大切にしてきた入会地でしたが、突然官有地に編入されたり、御料地となったりと利用は不自由で地元民にとっては死活問題でした。
そのため、素六氏は陳情活動の陣頭に立って尽力し、初めての衆議院選挙に当選後、長年に亘る運動が功を奏し、総面積4,200町歩の払い下げの許可が得られました。関係町村は、共有地として茶畑などの開墾等に取り組み、その恵みが現在に引き継がれています。
現在でも素六氏の功績は称えられ、江原素六翁の銅像の前では、新茶時期間近の3月下旬に地元手操み保存会が仕上げた新茶を献ずる式典が盛大に開かれ、愛鷹山麓の沼津茶産地の今日の礎を築かれた素六氏に感謝の誠を捧げています。

(参考資料:沼津市明治史料館ホームページ)

献茶式の様子(平成20年3月26日)

お茶の淹れ方

お湯は充分沸騰させる

水道水の場合は、カルキ臭を消すため一度沸騰してから5分ほど弱火で沸騰させたお湯を用いてください。
市販のミネラルウォーターを使用する場合は、表示を確認して硬度が比較的低いものを選んでください。

高級茶ほど湯ざましを

お湯を人数分の茶碗に注いで冷やします。
お湯の温度が高いほど苦渋味が出過ぎて味のバランスが悪くなります。
・湯温80℃以上苦渋味成分がたくさん浸出
・湯温60℃以下苦渋味成分が緩やかに浸出

茶葉はたっぷり使用

たっぷりの茶葉を急須に入れ、冷ましたお湯をつぎ60秒位(深蒸し煎茶は30秒位)待ちます。
高級茶は湯温を下げて2分以上待ちます。
2・3人分の場合1人分3gを目安
1人の場合少し多めの5gを目安

最後の一滴まで注ぎきる

人数分の茶碗に注ぐ時は、分量を均一に濃淡のないように廻し注ぎをして、注ぎきることで二煎目もおいしくいただけます。
また、急須のふたを開けて中の熱を逃がすことで茶葉の蒸れ過ぎを防ぎます。
二煎目はお湯を注いで10秒待ち温度も一煎目よりやや高い温度で浸出する。

お茶の種類

煎茶

日本茶で最も一般的なお茶です。茶葉は細長く、水色はうすい黄色、お茶本来の甘み、渋みのバランスがよく、香りが高いのが特徴です。

深蒸し煎茶

煎茶と同じ製法ですが、茶葉を通常の2倍以上の時間でじっくり蒸すことで、茶葉は細かく、水色は鮮やかな緑色、甘みとコクのあるマイルドな味で、手早く味の出るのが特徴です。

ぐり茶(蒸し製玉緑茶)

茶葉を煎茶より長く蒸します。製造の最終工程が煎茶と異なるためお茶の形は丸くなり、水色は爽やかな緑色、甘めでやわらかな風味で、サッパリした味が特徴です。

沼津市の茶園面積は約600haで静岡県内の茶園面積約20,000haと比べる生産規模は3%で、決して大きな産地ではありませんが、56の茶工場が稼動しています。
生産される荒茶の多くは静岡茶市場等へ出荷され、多くがブレンド用や緑茶ドリンクの原料に使用されています。一方で、南駿茶業青年団を中心に約7割の茶工場が直販を行っていて消費者に直接お茶を届けています。
沼津市の茶産地は愛鷹山麓に位置し、茶工場の多くは県道(通称:根方街道)沿いにあり、4月下旬の一番茶開始とともに新茶ののぼり旗が一斉に立ち並びます。

沼津茶を使った加工品

ぬまづ茶(粉末茶)

一番茶を使用しパウダー状にした粉末茶です。
茶葉がまるごと飲め、きゅうすが無くても煎茶・冷茶を手軽に入れ、茶殻も残らず、環境に配慮された商品です。
抹茶とは製法が異なるため、手軽な値段で購入できます。
お茶として飲むだけでなく、料理・お菓子作り・焼酎割等に広く利用できます。
価格 50g入り 630円(税込)

お問合せ先:(JAなんすん本店前)
電話:055-932-7879

PAGE TOP