鰻 養 殖 の 歴 史
   

年   代 主 な 出 来 事
明治12年 (1879)  服部倉治郎が東京深川千田新田に2haの養殖池を作ってうなぎの養殖を試みたのが最初とされる
明治24年 (1891)  原田仙右衛門が静岡県浜名郡新居町(現・湖西市)の7haの池で鰻と鯉を養成する
明治29年 (1896)  寺田彦太郎が三重県桑名地方の4haの池沼を養殖池とし養鰻を始める

 奥村八三郎が愛知県神野新田で養鰻を始める
明治30年 (1897)  服部倉治郎が静岡県浜名郡舞阪町吹上(現・浜松市西区)の8haの池で養鰻を始める
明治31年 (1898)  寺田彦太郎が静岡県磐田郡福田町(現・磐田市)の1haの池で養鰻を始める
昭和17年 (1942)  戦争のため養鰻業が急速に衰退
昭和22年 (1947)  日本養鰻漁業協同組合連合会(日鰻連)の母体となる「東海三県養鰻組合連合会」を結成
昭和23年 (1948)  平島農業協同組合(現・東とくしま農業協同組合)設立

 養鰻池が復興し始める
昭和24年 (1949)  浜名湖養魚漁業協同組合設立 
昭和25年 (1950)  豊橋養鰻漁業協同組合設立

 中遠養鰻漁業協同組合設立
昭和37年 (1962)  西三河養殖漁業協同組合(現・一色うなぎ漁業協同組合設立

 大井川養殖漁業協同組合
設立

 焼津養鰻漁業協同組合設立
昭和39年 (1964)  ウナギの稚魚(シラスウナギ)不漁のため、台湾・韓国・中国よりシラスウナギを試験的に輸入

 養鰻用配合飼料が発売される
昭和40年 (1965)  日本養鰻漁業協同組合連合会設立
一面見渡すかぎりウナギの露地池が拡がっている様子(昭和44年)
   
静岡県吉田町(丸榛吉田うなぎ漁協『吉田地域・養鰻八十年史』より)
昭和44年 (1969)  シラスウナギ不漁のため、日鰻連がフランスよりシラスウナギを大量に輸入し、わが国で初めて日本産ウナギ(Anguilla japonica)以外のものが養殖種苗とするために導入される

 「エラ腎炎」という病気が大発生したため、生産量が大幅に減少し、大きな痛手を受ける
昭和46年 (1971)  高知県淡水養殖漁業協同組合設立

 魚病発生を防ぐため、加温施設が試験的に始まり普及していく
昭和47年 (1972)  丸榛吉田うなぎ漁業協同組合設立 (榛原養殖漁協と吉田うなぎ漁協が合併 )
昭和48年 (1973)  国内養鰻経営体が最多の3,250軒(農林統計)を記録する

オイルショックにより重油、電気、生産諸資材の高騰を招き養鰻経営を困難なものにする

世界で初めて、北海道大学の山本喜一郎先生がウナギの人工孵化に成功
昭和51年 (1976)  輸出貿易管理令が発令され 1匹13g以下のシラスウナギが輸出禁止となる
昭和53年 (1978)  成鰻価格が3,000円/kgとなる
昭和54年 (1979)  第二次オイルショックにより重油が暴騰する

 成鰻価格1,100円/kgまで暴落する
昭和58年 (1983)  愛知県がウナギ生産量全国トップになる
平成元年 (1989)  国内生産量過去最高の39,704トンとなる
平成 3年 (1991)  東京大学海洋研究所がマリアナ西方海域で、レプトケファレス 約1,000尾を採取した
平成 9年 (1997)  シラスウナギ相場が高騰する
平成11年 (1999)  日本、中国、台湾の三カ国で、136トンと大量のシラスウナギが池入れされる

 生産過剰により秋以降、活鰻相場が1,000円/kgを下回る大暴落となる
平成12年 (2000)  中国、台湾から13万トン以上のウナギが輸入され、日本の生産量も合わせ16万トンと過去最高の供給量となる

 養鰻振興議員懇談会が国に対してセーフガード発動を国に申し入れる
平成14年 (2002)  国内養鰻経営体500軒(農林統計)を割る
平成15年 (2003)  独立行政法人水産総合センターが世界で初めてシラスウナギの人工生産成功
平成17年 (2005)  国内生産量2万トン(農林統計)を割る
平成18年 (2006)  東京大学海洋研究所が、日本産ウナギの産卵場所をマリアナ諸島沖と特定する
平成19年 (2007)  6月 ヨーロッパ種ウナギの取引がワシントン条約の規制対象となる

 11月 台湾がシラスウナギを11月1日から翌年3月31日まで輸出禁止とすることを決定
平成20年 (2008)  4月 焼津養鰻漁業協同組合、大井川養殖漁業協同組合、丸榛吉田うなぎ漁業協同組合、中遠養鰻漁業協同組合が合併し、静岡うなぎ漁業協同組合を設立

 6月と8月に行われた、水産庁と(独)水産総合研究センターの調査で、ニホンウナギ4個体、オオウナギ1個体を捕獲
 成熟したニホンウナギ及びウナギ属の海洋での捕獲は世界初の快挙
平成21年 (2009)  3月よりワシントン条約に基づくヨーロッパウナギの輸出規制が開始

 6月に行われた、水産庁と(独)水産総合研究センターの調査で、ニホンウナギ8個体(雄4、雌4)、オオウナギ2個体(雄1、雌1)を捕獲

 また、ウナギのプレレプトケファルスを数百個体採集
平成22年 (2010)  4月 (独)水産総合研究センターは人工的に孵化させたウナギを成魚に育て卵を取り出し、さらに人工孵化させて二代目をつくる「ウナギの完全養殖」に成功したと発表
平成23年 (2011)  2月 東京大学大気海洋研究所と(独)水産総合研究センターは、2009年5月に世界で初めて天然ウナギの卵31粒を西マリアナ海領南端部で採集したことを明らかにした。
平成24年 (2012)  国内生産量の減少、ウナギ輸入量の減少により4月〜5月に成鰻価格が過去最高の5,000円/kgに高騰。
平成25年 (2013)  シラスウナギが4年連続の不漁となり、国内の池入れ数量は過去最低となる

 2月 日本の環境省がニホンウナギを絶滅危惧種としてレッドリストに掲載
平成26年 (2014)  6月 環境保護団体「国際自然保護連合(IUCN)」が、ニホンウナギを絶滅危惧種としてレッドリストに掲載

 10月 (一社)全日本持続的養鰻機構 設立

 11月 鰻養殖業の届出制及びシラスウナギの池入れ制限スタート