富士山

登山者の列(八合目附近)【富士山を登る】
 日本の最高峰3776mの富士山は、誰でも一度は登ってみたいと思っているのではないでしょうか。
 古来信仰の山として多くの登山者を迎えた富士山も、今ではレジャー登山のメッカとして賑わいを見せています。富士登山の魅力は、その高さと共に、特別な技術を持たなくても誰でも気軽に登ることができることにあります。
 毎年7月1日、麓の冨士浅間神社で行われる「開山式」と共に夏山シーズンとなります。須走登山道は標高2800mまで樹林帯に覆われた最も登りやすい登山道です。強い日差しや風を避け、花や緑が多いだけでなく、ニホンカモシカ、ヤマネコ、ノウサギなどの動物や野鳥も多く、私達の五感を楽しませてくれます。下山時の爽快な砂走りも、須走口ならではの楽しみです。
 昭和天皇が摂政宮当時に、また皇太子殿下が浩宮殿下当時に登山された、歴史と伝統ある登山道としても有名です。

菜の花畑と富士山【富士山を観る】
 日本の象徴としての富士山は単に日本最高峰であることばかりではなく、その美しさにで世界に名をはせています。特に東麓から観る富士山は、緩やかに裾を広げた優美な美しさにあふれています。
 登山だけの富士山でなく、観る富士山を皆様に是非楽しんで頂きたいと思っています。登山は夏山シーズンだけの楽しみですが、観る富士山は、場所により又、朝夕刻々、四季折々様々な変化のある楽しみを与えてくれます。
 小山町では、町内至るところから、色々な表情を持った富士山を楽しむことが出来ます。各ハイキングコースはそれぞれ富士山の景勝地として知られていますが、一寸した街中でもハットするような素晴らしい富士山を目にすることが出来ます。特に小山町から観る富士山は、遠過ぎず近すぎず程よいアングルで、優しく包み込まれるような美しさがあり、この感激を是非体感してください。

小山町

富士山ベストショット
金時山 不老山西側ピーク
冨士霊園 誓いの丘 鮎沢川富士見橋