唯念大名号碑

唯念上人の大名号碑【小山町指定文化財】
 文政13年4月から、明治13年8月23日91才で没するまで40余年間、上野奥の沢で修業した唯念上人の筆になる「南無阿弥陀仏」の名号碑碑で、国内最大のものと云われています。
 唯念上人は修行中も折をみては近隣を廻り、仏の道を説き、念仏講をつくり、又人々の安穏を祈るため「南無阿弥陀仏」の銘号碑を辻々に建て、駿河(静岡)・相模(神奈川)・豆州(伊豆)・甲斐(山梨)など4ケ国に建てられた名号碑の数は一千有余と云われています。
 現在小山町内にある名号碑も、全部で十数基を数えていますが、ここ栗木沢にある名号碑は、数多い名号碑の中で最大のもので、関東大震災の時に倒れてしまいましたが、大正15年有志の手によって復元されました。
 足柄駅より足柄峠への県道(金時林道)を行くと、道路沿いの林の中に静かに建っていますが、その大きさに唯念上人の偉業が忍ばれます。
 又、唯念名号碑に辿りつく少し手前では(足柄駅寄り)、やはり小山町指定文化財の『大題目碑』を見ることが出来ます。
 

大題目碑【小山町指定文化財 大題目碑
 永代題目講中により、文久2年(1862)建立されたもので、行脚中の日蓮上人が瀕死の老婆のために祈祷した霊場跡の伝説地です。

各地にある『唯念名号碑』の一部

清水町の唯念名号碑 御殿場市の唯念名号碑 大仁町の唯念名号碑
清水町 御殿場市 大仁町
沼津市の唯念名号碑(1) 沼津市の唯念名号碑(2) 裾野市の唯念名号碑
沼津市 沼津市 裾野市

『唯念大名号碑』周辺案内図