随正寺のお堂
随正寺(現存するお堂)

山号・寺号 随正寺(ずいしょうじ)
所在地 小山町棚頭649−1(字曾利畑)
宗 派 浄土真宗(東本願寺派)
開 基 不明(正福寺の隠居和尚と伝う)
本 尊 阿弥陀如来
仏 像 子安地蔵尊、薬師如来、弘法大師
寺 宝 文机(村人の手作り)
寺 歴
(寺伝による)
創建年間不詳
年中行事 7月15日念仏、11月30日報恩講(通称おとりこし)
(註)敷地が個人所有のため、まつりごとは区民不参加個人で。
本山・本寺等 正福寺
梵 鐘 半鐘 文化4年鋳
寺に関係ある
伝説
 
由緒ある
石碑・墓碑等
 
札所・詠歌 御厨地蔵横道第7番札所
生れ来て子にもあふやの堂なれは歩みを運ぶ法の力よ

随正寺のお堂の内部
お堂の内部