金山薬師寺
金山薬師寺

山号・寺号 薬師寺
所在地 小山町一色72−3(字金山)
宗 派  
開 基  
本 尊 薬師如来
仏 像  
寺 宝  
寺 歴
(寺伝による)
不詳

(註)住職の位牌
性蓮社法譽上人真阿源泰大和尚
延亨元年10月24日
とあり、住職没 延亨元年(1744)より23年以前(半紙の年号より)、薬師堂はそれより前にあったということになる。
年中行事 4月12日拝礼日
本山・本寺等  
梵 鐘  
寺に関係ある
伝説
 眼病をわずらった村人が薬師堂に御籠りをしていると、7日目の夜白装束の人が出て、村人が言葉通りにすると眼病が治り、現在でも御礼にお参りをしている村人がいる。
由緒ある
石碑・墓碑等
  
札所・詠歌 御厨薬師横道第9番札所
むかしよりその名も高き金山のなおも光のまさる金山