大蔵寺の本堂
大蔵寺の本堂

山号・寺号 日向山 大蔵寺(にっこうざん だいぞうじ)
所在地 小山町中日向317(字寺家)
宗 派 曹洞宗
開 基 洲ー御益和尚(しゅうがんごえき)
本 尊 延命地蔵菩薩(伝聖徳太子作)
仏 像 大権像他
寺 宝  
寺 歴
(寺伝による)
開基洲ー御益和尚正安3年(1301)入滅とあり、元は真言宗。
寛永4年(1627)開山、大本山永平寺二十三世仏山徳照禅師曹洞宗に改む。その後祝融に罹り、享保11年(1726)五月六世得海愚見和尚本堂再建。
明治34年(1901)二十二世大見嶺鳳大和尚本堂改修。昭和50年本堂改築。
年中行事 4月8日釈迦降誕花祭り、9月28日両祖忌、8月26日大般若大施餓鬼会、2月4日星祭
本山・本寺等 本寺、永平寺
梵 鐘 旧梵鐘、明治24年3月鋳造(第二次世界大戦中供出)。昭和41年9月再鋳。
寺に関係ある
伝説
 
由緒ある
石碑・墓碑等
宝篋印塔
札所・詠歌 御厨地蔵横道第6番札所
里の名も日向ときけば雪霜の寒さいとわず参る此寺

鐘楼から本堂を望む
鐘楼から本堂を望む